コツコツ型の方にピッタリなみんなで大家さん

硬貨

家賃収入の確保のため

模型

入居審査や督促の手間隙

賃貸物件のオーナーにとって、一番の目的は家賃収入をしっかりと得ることです。というのも、不動産は所有しているだけで維持費が多くかかるため、家賃収入が少なければ、資産がかえってマイナスになることもあるからです。そのため多くのオーナーが、満室にすることを希望して、賃貸物件の宣伝を積極的に行っています。ところが満室になっても、入居者が家賃を支払わなければ、結局オーナーは家賃収入を得ることはできません。したがって賃貸経営では、宣伝だけでなく入居審査も重要と言えます。入居を許可する前に、家賃の支払い能力やその心意気があるかどうかを、しっかりと確認するわけです。この入居審査に、オーナーの多くが賃貸保証会社を利用しています。賃貸保証会社は、入居希望者の信用情報から、過去に利用していた別の賃貸物件の家賃、または公共料金の支払い状況を確認します。これらを問題なく支払っていた場合には、その入居希望者は、今後も家賃を支払う可能性が高いと言えるのです。また賃貸保証会社は、現在の職業はもちろん過去の職歴についても審査します。転職回数が少なく職が安定していれば、収入も安定している分、やはり家賃の支払いにおいて信用できるわけです。しかしそのような入居者でも、事情によっては家賃の支払いが遅れることがあります。その場合賃貸保証会社は、立て替える形でオーナーに家賃を支払い、その後入居者に支払いを督促します。そのため賃貸保証会社と契約すれば、オーナーは家賃収入を確保できるようになります。さらに入居審査や督促に手間隙をかけずに済むようになるので、メリットは非常に大きいと言えます。